SublimeText(ConvertUTF8)でUTF-8以外のエンコードでファイルを保存する時の注意点

ConvertToUTF8をインストールして、複数のUTF-8以外のファイルを開いて一括置換などした後に、おもむろに Command + Option + S って押して一括保存したら、日本語文字化けしてた…。
一括保存にはConvertToUTF8が効かないみたい。

ちなみに、SublimeText3(dev)を使用しており、他は未検証。

Chromeのホーム画面にサイトを追加する方法

Chromeのホーム画面(本来の意味でのホームページ)は、新しいタブを開いた時にすぐ表示されるし、ブックマークバー出しておくのが嫌な自分としては、よくアクセスするサイトを根こそぎ集めてあって、なくてはならないものになっています。

ただ、サイトへの単純なリンクで良いのに、ブックマークみたいにボタン一発でホーム画面に追加というわけにはいかず、わざわざChromeウェブストアで誰かが作ってくれた単純リンクアプリを探すのはちょっと面倒です。
あと、TweetDeckとかはアプリとしてインストールすると常時メモリを消費するので、単純にWeb版へのリンクを追加したいんだけど、なまじオフィシャルアプリがあるせいでそういう単純リンクが見つからなかったり。

アプリとしてインストールすると開いていなくても常時メモリを消費

アプリとしてインストールすると開いていなくても常時メモリを消費

ブックマークをホーム画面にドラッグしたらできた

解決方法は、単純なことでした。

ホーム画面のブックマーク(ブックマークバー)からドラッグするだけ。

tweetdeck2

そもそも、ホーム画面をブックマークとして使うべきなのか、とか、スピードダイヤルみたいな機能拡張を入れればいいじゃん、とか人によって色々使い方はあると思いますが。

あと、登録されたアイコンの下がタイトルだったりURLだったりするのはどこから情報拾ってるんだろ?

 

SublimeTextのデフォルトシンタックス設定

PHPファイルを開くとなぜかいつもHTML5シンタックスで開かれるので、どこで設定するのかなとおもって調べました。

参考記事

Sublime Text 2で特定の拡張子にシンタックスハイライトをデフォルト指定する | まったりとlog残し

ハイライトを指定したいファイルを開いて(拡張子をつけてるファイルで)
View -> Syntax -> Open all with current extension as …

簡単だった。

引越しが終わって

やっと、落ち着いてきました。

最近はSublime Textをいじるのがやたら楽しくて、仕事のモチベーションにすらなってるくらい。

クロスプラットフォームで利用者が多くて、プラグインの開発も盛んでなにか不満があっても探せばなにかしらの対処方法が見つかるし、これまで慣れたやり方をある程度捨てて、Sublime textの作法に合わせるくらいの気持ちで乗り換えると、いろいろ便利さが見えてきてますます使うのが楽しくなります。

慣れてたやり方を変えるって、面倒なこともあるけど、変わらない部分もあるし、そういう変わりやすい事と変わりにくい事の分類発見したり、前よりも良いやり方に出会ったり、そういう楽しさのほうが大抵の場合大きくて、ついついそういうリセットを繰り返すことになるわけです。自分の場合。
でも、こういうことに限らずなんかそういう気分転換とか、自分の中の蓄積をあえてリセットすることって結構大事なことなんじゃないかなーと思います。

そんなことを考えながら、今日もSublime Textで「⌘+Shift+P」をタイプしてます。

Pixelmatorでもニアレストネイバー法で画像拡大。サードパーティーエフェクトを追加する方法

バージョンが2になってますます素敵なグラフィックアプリになったPixelmatorですが、Photoshop慣れしている人にはまだいくつか不便な点もあります。
個人的には多少不便でも使ってる時の気持ち良さでPixelmatorをなるべく使ってるんですが、先日ニアレストネイバー法で画像を拡大したいことがあって、また仕方なくPhotoshopを使いました。

でも、そういえば、前バージョンを使っていた時はサードパーティー製のCore Imageプラグインを使って、Pixelmatorでもニアレストネイバー拡大ができるようにカスタムしてました。

Pixelmatorの最新バージョンでは、フィルター周りのUIがメニュー呼び出しから独自パレットになったり、結構大きくデザインが変更されたので、なんとなく中身も色々変わったんだろうなーと諦めてたんですが、よくよく調べてみたら前バージョンと同じ方法でエフェクトを追加できたので、ここにメモしておきます。

インストールするプラグインはこれです。

ダウンロードしたZIPファイルを解凍してできるPRHNearestNeighbor.pluginを下記のフォルダに置きます。
/Library/Graphics/Image Units
この時、ユーザー名とパスワードの入力を求められます。

Pixelmatorを再起動すると、コマンド+3で表示されるEffects Browserに追加したエフェクトが表示されます。
あとは、他のエフェクトと同様の操作ですが、このニアレストネイバープラグイン場合はちょっと気をつけないといけないことがあります。

  • 他のエフェクトと同様、レイヤー単位でしか適応できない
  • 画像のアルファ情報には適応されない(画像に透明部分があると正しく処理されない)

と、完璧とは言えませんが、これでまた少しPixelmatorが便利になりました。
自分以外にどれだけ需要のあるTipsなんだよ…という気もしますが。ご参考まで。

iPhoneでTogglを使うならm.toggl.com

僕のiPod TouchではTogglのiPhoneアプリが、落ちまくって使い物になりません。iPhoneではどうなのかわかりませんが、あんまりアップデートが頻繁じゃないことを考えると、iPhoneでの動作も似たような感じなんじゃないかと思います。たぶん。

で、僕はいままでToggl nanoという旧デザインの名残りのようなアドレスにiPod touchのSafariでアクセスして使っていたんですが、そうこうしてるうちにモバイル用Togglが登場しました!イエス!

New Toggl release: m.toggl | Toggl blog

m.toggl.com キャプチャ画像

ちょっとjQuery Mobileっぽいデザイン。

早速ブックマークした。