[memo] Googleの歴史

標準

Googleが おかげさまで 10 周年 というタイトルで、Googleの歴史などを紹介するページを立ち上げたみたい。

「タイムラインを表示」というボタンをクリックすると表示するページでは、文字通り、Google のこれまでの歴史をタイムラインで振り返ってます。

自分が Google を知ったのは18歳くらいかな? Web 関係に詳しい人が「Yahoo よりも Google だよ」って言ってたのを聞いて、それ以来(多分、なんだかよくわからずに)検索にはずっと Google を使ってました。
最初は日本だと Yahoo のほうが知名度が高くて、「ゴーグル?」とか言ってな〜。自分も含めて。
大体、そのころは MacOS9、ブラウザは iCab だったし。いや〜なつかしい。

OSX 10.3 が出るくらいまでは、粘ってOS9使ってたな〜〜〜。OS9 で動く最後の Mozilla とかマイノリティーな環境で四苦八苦していた覚えが。。

[memo] スピッツの三輪さん(Gt.) 肺がん手術してた!

標準

この人の髪型で、スピッツの年代がわかるという、サングラス担当もといギターの三輪さんが、肺がん手術をしてたそうです。

とにかく、今が元気でよかった…

「リコシェ号」コピーしたな〜

[diary] 橋ものがたり

標準

藤沢周平。いま、読んでます。

なんでかって言われても、さして理由もないんですが。
この前入った古本屋で、なんとなく手にとったのです。

短編集で、どの話にも「橋」と「恋愛」がテーマになってます。一話30分くらいで読めるくらいなのでスラスラ読めます。

前に人の進めで「蝉しぐれ」を読んだ時も一緒だったんですが、読んだあとの後味が良い!
全部が全部ハッピーエンドってわけじゃないんですけど、どの話も読み終わって嫌なものが残らない。

今週には読み終わる見通し。

橋ものがたり (新潮文庫)
藤沢 周平
新潮社
売り上げランキング: 19148

[memo] Firefox 3.1 でカラープロファイルがやっと「使える」感じになるようです

標準

「めっきり更新されない」と評判のニブシブですが、先週の怒濤の忙しさから解放された勢いで、ひさしぶりに更新します。
内容は、年末ころにリリースされるはずのFirefox 3.1 の機能について。

Mozilla Links 日本語版: Firefox 3.1 でカラープロファイルが有効になるという記事で、Firefox 3.1 の新しいカラーマネージメント機能について説明がありました。
個人的にはやっと待っていた機能が搭載されたという感じ。

With color management disabled and enabled

性能上の問題と、カラーマネジメントが有効になったブラウザでのテストを行っていないいくつかのウェブサイトのデザインが壊れる可能性のために、Firefox 3 ではこの機能はデフォルトでは無効にされていました。そのため about:config から手動で gfx.color_management.enabled を true に設定する必要がありました。

今ではいくつかの性能面での問題は解決されたために、開発者は(カラープロファイルをもつ)タグ付けされた画像に対してこの機能を有効にしました。詳細設定 gfx.color_management.mode では3つの値、0: 無効、1:すべてで有効、2:(新しいデフォルト)タグ付けされた画像だけ有効、を設定可能です。

引用の最後の部分、2:(新しいデフォルト)タグ付けされた画像だけ有効っていうのが重要で、今までは、設定をいじってカラーマネジメントを有効にしても、上記の引用で言うところの、「1:すべてで有効」という動作しなかったんですが、そのせいで、カラープロファイルを埋め込んでいない画像の表示がおかしくなっちゃって、あまり実用的なレベルではありませんでした。(だからデフォルトで無効になっていたんでしょう。たぶん。)

しかし、今回は追加された2:(新しいデフォルト)タグ付けされた画像だけ有効という設定は、以前からカラープロファイルに対応していたSafariと同じ挙動で、これなら、機能をオンにしてもカラープロファイルを埋め込んでいない画像が正常に表示されます。

これまでは、対応ブラウザがほとんどなかった(実質Safariのみ)ため、Web制作においてはカラープロファイル/カラーマネジメントってあまり重要視されていなかったような気がするんですが、Firefox 3.1 がリリースされれば、今後はサイトの色味についても、もっと拘って厳密にデザインすることができるようになっていくと思います。
デザイナーとして嬉しいかぎり。

あとはフォントだな〜。
Webフォントの機能がSafariに実装され、Firefoxにも実装予定だけど、フォントのライセンスの問題に加えて、日本語の場合は、1フォントのデータ量も問題になりそう。
Webサイト制作で、フォントの指定、詰めとかタイポグラフィに拘るには、環境が整うまでまだしばらく時間がかかりそうだなぁ