David Lynch監督のInterview Project

標準

David Lynch監督がWebサイトで「INTERVIEW PROJECT」と銘打って、動画作品を公開しています。
この監督の作品と意識して見た訳じゃないですが、昔「ストレイトストーリー」を見ました。あれは映画の完成後に主演のおじいさんがなくなってしまったんですが、とても良い映画でした。

続きを読む

映画『ブラックサイト』が面白そう

標準

Black Site

Webサイトがキーワードの映画はいまやそれほど珍しくないかもしれませんが、「不特定多数の好奇心」を恐ろしく描く、という切り口はなかなか面白そう。そしてその考え方は決して映画の世界だけではなく、今現在にも通じると思います。

気になります。この映画。

4 月 12 日より全国ロードーショー。

ハリウッド『 マッハ GO GO GO 』

標準

Theatrical Speed Racer Trailer Kicks Us Into Overdrive | Gadget Lab from Wired.comより

YouTube – Speed Racer Full Trailer

ハリウッド版『マッハ GO GO GO 』です。

マッハGoGoGo – Wikipedia をみてみると、ハリウッド版の映画についても説明がありました。

2006年、アメリカで『スピード・レーサー』として実写映画化されることが決定した。監督はマトリックス三部作を手がけたウォシャウスキー兄弟。キャストは主人公にエミール・ハーシュ(Emile Hirsch)、父親役にジョン・グッドマン、母親役に、スーザン・サランドン、恋人のトリクシィ役にはクリスティーナ・リッチーが、覆面レーサーX役にはマシュー・フォックスが決定している。2008年夏公開予定。

さらに、オリジナルの動画も YouTube にありました。

YouTube – マッハGOGOGO

世界観は大分違ってるけど、クリスティーナ・リッチーは、原作にいてもおかしくない顔つき。

個人的にはドラゴンボールよりは断然期待してます。

映画「IRON MAN」予告編

標準

映画「アイアンマン」予告編:これは史上最高のハイテク・スーパーヒーロー・ムービーかも? : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン)より

YouTube – Iron Man Trailer #3 (HD)

漫画、コミック原作のハリウッド映画化はまだまだ続くようです。いや、批判的な意味ではなくて。

「IRON MAN」は原作を詳しくしらないんですが、主人公ってこんなちょっとワルい感じなんですか?
映画はもちろん、原作に興味が湧いてきた。

映画「earth」をwatchしてきた。

標準

earth

別の映画を見た時、予告編で渡り鳥の大群のシーンを見て「絶対に映画館で観よう」と思った映画「アース」を観てきた。

プラネットアースとディープブルーのスタッフが集結、ということだけあってその映像の力に終止圧倒されてきた。

映画の終盤、ふと、地球が小さく感じた。
地球は自分という一人の人間にとっては想像できないくらい大きくて、自然の力には僕の力なんて到底及ばないけど、その地球が長い時間をかけて築いてきた循環のシステムは、今確かに変化してきているということ。
一羽の蝶の羽ばたきが、地球の裏側に台風をもたらす「バタフライ・エフェクト」のように、限りなくゼロに近い作用だとしても、自分達は地球に対して影響力を持っているんだということ。
それを考えていたら、映画の中の壮大な風景の中に地球の脆弱な側面を見た気がした。

子供は500円で観ることが出来るというキャンペーンもやっているようで、劇場は予想外に子供連れが多かった(みんな結構静かに見てた。)

動物のコミカルな動きで笑えるところもあったりして、映画の流れが単調と思っている人も結構飽きずに見られると思う。
オススメ!

ギルバート・グレイプ

標準

前から友達に勧められていたギルバート・グレイプを見た。

若いレオナルド・ディカプリオが演じる知的障害のある少年の縁起がすごい、って聞いてたんですが。

…気になった人はぜひ見るべき。
主役はジョニー・デップだけど、先入観もありディカプリオの縁起につい集中してしまった。。。

全体の流れも変にひっぱらないというか、比較的どんどん話が進んでいくんだけど、それも不自然じゃないし見ていて飽きませんでした。
脚本に変なイヤミもないし、15年近く前の映画ですが15年後に見ても古くならないと思います。

監督のラッセ・ハルストレムは「サイダーハウス・ルール」も作ってる人なんですね。あれも好きだ…おれ。
同監督の「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」という映画はまだ見てないので、次はこれかな〜